大橋農園「特別栽培米コシヒカリ」稲刈り開始!

大橋農園「特別栽培米コシヒカリ」稲刈り開始!

『福井県越前市、日野山の麓の王子保地区。豊かな自然の中育てられた特別栽培米コシヒカリは95日より稲刈りが開始されました。

特別栽培米として出荷するためには決まった量の肥料(化学肥料通常の半分以下)と農薬の使用回数(田植え時の一回のみ)をクリアしないといけません。その為に、稲が倒伏しないよう化学肥料と有機肥料とその量のバランスをみながら育てていきます。また、1回のみの除草剤の効果を充分に発揮させる為に灌水状態を保つよう水の管理をして普段の稲作より手間をかけます。その手間隙かけたものが美味しく、普通のお米より安心な特別栽培米コシヒカリとなるのです。

 9月に入ると籾水分をみて25%になる頃、稲刈り開始となります。刈り取られたお米は乾燥機にて15%下回るぐらいまで乾燥させ、籾摺りし、玄米となります。

 そして、皆さまの食卓に美味しい新米として並びます。大橋農園のお米を食べられた方は「他のお米が食べられない」とおっしゃるほど美味しいそうです。』

 

文・写真:SWEET革工房 前川広美さん

前川さんのご実家が大橋農園です。特別栽培米として、農薬の制限などをクリアした管理の難しい米作りをされています。ひとつひとつの工程を手間隙かけて育てる特別栽培米をつくられています。

こちらのブログは、作り手である作家さん自らが語る文章で商品の良さを伝えていただきたいということでSWEET革工房 前川広美さんに書いていただいております。(a.depaスタッフより)

大橋農園の「特別栽培米コシヒカリ」はもうすぐ皆さまにお届けできますよ!最終予約受付中です!

カンパニーエードット