越前箪笥職人がつくる「かびにくいまな板」

¥8,800

越前箪笥職人がつくる
かびにくいまな板

木製のまな板は包丁が傷みにくく、食材が滑りにくいというメリットがある反面、お手入れが大変だったり、重たくて扱いづらいイメージがありますよね。そんな木のまな板のイメージを覆すために作られたのが、越前箪笥職人がつくる「かびにくいまな板」です。

水に強く乾きの早いヒバの木を採用

ヒバの木には適度な油分があり、非常に水分に強い木です。ヒノキ科ということで天然成分のヒノキチオールやフェノール化合物を多く含んでいて、防腐効果も非常に高い木材です。

デザインをひと工夫することで乾きやす

側面のデザインを工夫して立てかけた時に、まな板と台の間に隙間ができるようにしました。こうすることによって、側面に出やすい黒ずみ(カビ)を防ぐことができます。

仕上げに側面コーティング

さらに、側面にのみ水を吸わなくするコーティングを行うことで、徹底的に側面の黒ずみ対策を施しました。

 

薄くて軽い

そして、毎日使うものだから扱いやすさにもこだわりました。まな板の厚さは約2㎝。重さは約650g前後。これは通常のまな板が約1.3キロ程度なのに対して約半分の重さです。片手でも持っていただけます。

 

シンプルでおしゃれなまな板は、他の用途にもお使いいただけます。切ったパンをそのまま並べて食卓に置けばお皿の代わりに。買ってきたお寿司を並べればとってもおしゃれになりますね。

越前箪笥職人がこだわって作ったまな板、ぜひお試しください。

 

 

発送予定日

ご注文後より、4~5営業日後

サイズ

約42×25

素材

木材

品番

aot020

 

【小柳箪笥】 越前箪笥伝統工芸士 小柳範和

1974年、創業100年の老舗『小柳箪笥』の四代目。代々、語り継がれてきた伝統と指物技術を今も尚継承し続けながらも、木材を用いた型にはまらないクリエイティブなモノづくりを追求している。