【series】和紙箱幾何学

¥1,900

発送予定日:ご注文後より、2〜3営業日後

山次製紙所独自の「浮き紙」という技法により、鋭角な凹凸による模様の表現が可能となった越前和紙の小箱です。「浮き紙」は和紙を漉く過程で凹凸をつけており、エンボス加工よりもエッジの精度が高く、自由な立体表現を創り出すことができます。 また、「浮き紙」に色の褪せにくい顔料を塗布し、より生活に馴染むよう仕上げました。 身の部分には、日本三大美林のひとつである天然の秋田杉を使用しており、優しい手触りと豊かな香りが特徴です。茶缶とセットでお茶を入れたり、名刺や文具、小物入れとしてご活用いただけます。

[Serie] Japanese paper box geometry
This is an Echizen Japanese paper box that enables the expression of patterns with sharp corners by using the Yamatsugi Paper's unique “floating paper” technique. “Floating paper” has unevenness in the process of spreading Japanese paper, and has higher edge precision than embossing, and can create free three-dimensional expressions.In addition, pigment that does not fade easily is applied to “floating paper” to make it more familiar with life. The body uses natural Akita cedar, one of Japan's three major forests, and is characterized by a gentle touch and a rich aroma.You can use it as a set with tea cans, or as a business card, stationery or accessory case.
カラー
赤、薄黄、ねずみ、うぐいす、淡青
サイズ
内寸 W92mm×D62mm×H45mm
素材
蓋:和紙
身:秋田杉
塗装:顔料