【series】缶バッチ

¥800

発送予定日:ご注文後より、2〜3営業日後

山次製紙所独自の「浮き紙」という技法により、鋭角な凹凸による模様の表現が可能となった越前和紙の缶バッチです。「浮き紙」は和紙を漉く過程で凹凸をつけており、エンボス加工よりもエッジの精度が高く、自由な立体表現を創り出すことができます。 また、「浮き紙」に色の褪せにくい顔料を塗布し、より生活に馴染むよう仕上げました。少しでも越前和紙を知るキッカケになればと思い制作しました。 山次製紙所の所在地、福井県は日本一のメガネ生産量を誇ります。缶バッチのピンを止めている小さなネジはメガネの制作に使用されています。

[Series] Can batch
This is an Echizen Japanese paper can batch that enables the expression of patterns with sharp corners by using the Yamatsugi Paper's unique “floating paper” technique. “Floating paper” has unevenness in the process of spreading Japanese paper, and has higher edge precision than embossing, and can create free three-dimensional expressions.In addition, pigment that does not fade easily is applied to “floating paper” to make it more familiar with life. We wanted to be a little bit more familiar with Echizen Japanese paper. The location of Yamaji Paper Mill, Fukui Prefecture, boasts the highest eyeglass production in Japan. The small screw that holds the pin in the can batch is used to make glasses
カラー
白、赤、茶、黒、黄、灰、緑、水色、桃
サイズ
内寸 W92mm×D62mm×H45mm
素材
蓋:和紙
身:秋田杉
塗装:顔料